彼女を作るための川瀬流トーク8選、その6『3K』

トーク8選の6つ目、川瀬流トークの「3K」、3つの「K」です。

女性の話を聞くとき、女性とトークをするとき、絶対に意識しなければならない3つのKがあります。


まず1つ目のKは「肯定」です。

女の子は基本的に、話を聞いてほしい、ただ肯定してほしいだけなんです。

アドバイスは求めていません。

特に「はじめまして」の場合、アドバイスは絶対にしちゃ駄目です。

否定したらもっとよくないですよ。

「うん?なんかそれはおかしいのでは?」と思っても、とりあえずまだ相手のことをしっかりわかる前ですから、「へ―なるほどー!」と、とりあえず肯定すればいいんです。
スッと受け入れるってことですね。

相手の会話に対して、バットを持って打とうとしちゃいけないです。まずはミットを持って、全ての会話のボールをしっかり受け止めてください。


2つ目のKは「共感」です。

「共感」のポイントとしては「僕もそう思うよ」ってことです。

共感してもらうと、人の承認欲求が満たされますし、同じ気持ちを持つ、同じことに共感しているというのは、お互いの気持ちが寄り添っていくことに繋がり、あなたに対しての評価、好感度が上がります。

女の子のちょっとした、
「これ私だけの考えかもしれないけど~」
という会話に対して、
「実は、俺もそうゆう風に考えるかも!」

となると、
「私たちってめっちゃ気が合うんじゃないかな」という感情に繋がっていきます。


3つ目のKは「興味」です。


人は、自分が好きなものに対して興味を持ってくれると嬉しいものです。

もしあなたの職業が、システムエンジニアとしますよね。
あなたが女性に自分の職業を伝えた時に、
相手「えーSEさんなんですか?なんか地味なお仕事ですね。。。」
と言われるより、

相手「SEさんってことはプログラミングとかできるんですか?!私今、興味あるんですよー!具体的にどんなことをされているんですか!?」

と言われたほうが、自分の話をどんどんしてあげたくなりますよね。

なので、あなた自身も、もし相手の女性の趣味や習い事など、全く興味がなかったとしても、

「へー!ボルダリングやってるんだ!俺もやろうと思ってたんだ!めちゃ興味ある!色々教えて!」

のように、ちょっとだけ嘘をついてでも、興味ある姿勢やリアクションを見せることが大切です。


以上、「肯定すること」「共感すること」「興味を持って話をすること」の『3K』です。

女性と話すときは、常に(俺「3K」できてるかな?)と意識しながら話をするといいと思います。




彼女を作りたいけれど、作り方が分からない、出会い方が分からない。好きな人はいるけれど、女性とどのような会話をしていいのか分からない、見た目に自信がない。そんな迷える草食男子に、1980円にて「彼女の作り方セミナー」を開催しています。(有楽町・銀座にて毎日開催)


彼女を作るための川瀬流トーク8選、その1『テンション&リアクション』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その2『バックトラック』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その3『会話キープ率』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その4『自己開示』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その5『ほめる』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その6『3K』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その7『共通点探し&合わせ』
彼女を作るための川瀬流トーク8選、その8『ユーモア』
彼女の作るための必須マインド1「ネバーネバーネバーギブアップ」
彼女の作るための必須マインド2「モテない男の考え方」
★内容についてご質問などございましたら、「彼女の作り方セミナー」にてお尋ねください。


3か月で彼女